MCP受験MCPの称号を目指す。飯田市など下伊那全域から受験。

飯田ビジネス学院

お問い合わせ・資料請求はTEL(0265)85-2849 メールはこちらから
トップページ 学院紹介 学習の進め方 受講生の声 よくある質問 スタッフ紹介 アクセス

MCP受験案内


製品や分野ごとに細かな資格に分かれており、このうちのいずれかを取得した者が
MCPとして認定されます。
パソコン 資格取得 公共職業訓練 求職者支援訓練

MCPとは

Microsoft Certified Professional

MCPとはマイクロソフト社製品を利用した情報システムについて、設計、開発、構築、運用、サポートなどを提供する専門的な知識や技術を認定するものです。
具体的には、Windows のシステム環境の管理、トラブル シューティングを適切に行うスキルを持ったエンジニアであることを証明します。

MCP受験バウチャー割引販売キャンペーン開催中

バウチャーを割引価格で販売しています。詳しくはこちらから → バウチャー割引キャンペーン

MCP試験バウチャー割引販売

もしも不合格になっても4回まで再受験できるブースターパックを販売しています。詳しくはこちらから → ブースターパックキャンペーン

MCP試験ブースターパック販売

MCPのメリット

  1. MCPを取得すると、全世界から該当分野のプロフェッショナルとしての評価を受けられるだけでなく、MCP保有者に対してはマイクロソフトから様々な特典が用意されていることも見逃せません。
  2. いち早くマイクロソフトの技術と製品情報にアクセスすることが可能になり、技術トレーニング/セミナーや特別イベントなどへの招待、また割引受講招待が受けられます。
  3. MSDNライブラリサブスクリプション会費が1年間50%割引となるなど、どれも実際の業務や更なるスキルアップに役立つものばかりです。
  4. またMCP資格者を有する企業側も重要な企業リソースである技術者に対して、的確に評価・配置することが容易になり、サービスの改善や生産性の向上、技術力の強化により顧客の満足度を増加させ、サポート費用を減少させることができるなどその効果はとても大きいものがあります。

実務経験者は「MCSA」から取得開始

  • 「MCSA」(マイクロソフト認定ソリューションアソシエイト)は、マイクロソフトのコアプラットフォームに関する専門スキルを証明するための資格です。
  • MCSAに認定されるためには、複数の試験に合格する必要があります。これは上位レベルの資格も同様です。
  • MCSAは、上位のExpert(エキスパート)レベルの資格を取得するために事前に取得すべき必須要件となっています。
  • なお、上位レベルでは必要な資格更新(再認定)は、MCSAではその必要がありません。

目指すべきレベルの「MCSE」「MCSD」

  • マイクロソフト社が今回の新資格体系の中で主要資格と位置付け、「IT技術者/開発者の目指すべきレベル」と定めるのが、MCSE(マイクロソフト認定ソリューションエキスパート ※注)とMCSD(マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー)です。
  • MCSE/MCSDは旧体系におけるMCITP(マイクロソフト認定ITプロフェッショナル)、MCPD(マイクロソフト認定プロフェッショナルデベロッパー)に相当する難度の試験となっています。
    また、資格ごとに指定された2科目または3科目の試験に合格することで、MCSE/MCSDに認定される仕組みとなっています。
  • MCSE/MCSDでは、最新の製品やテクノロジーに関する知識を維持する目的から、定期的な資格更新が義務付けられています。たとえばMCSDなら2年ごと、MCSEならば3年ごとにアップグレード試験(ほとんどの場合は、差分をまとめた1科目のみとなる予定)の受験が必要となり、合格しなければ資格を失うこととなります。
  • 試験自体はCBT方式(コンピュータによる受験方式)で実施されますが、「解答の選択肢が複数存在する問題」、「解答が『該当する選択肢なし』になる問題』」に加えて「ビジネスにおける高度な状況判断を問う問題」など実務に即したものが取り入れられ、難易度が引き上げられています(合格率はいずれも非公開)。
  • つまり過去問を暗記するといった単純な試験対策では、歯が立たないことを意味しています。(複数の科目を取得するとMCSE・MCSDの称号が与えられます)

※注 旧資格体系におけるMCSE(マイクロソフト認定システムエンジニア)とは違うものなので注意

試験概要

問題数 50問~70問前後
出題形式 択一問題、複数選択式問題、シュミレーションテスト
試験方法 試験はすべて、コンピュータ上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 50分~240分
受験料 1項目 一律 20,520円(19000円+消費税8%)
合否の結果 合否の結果は、試験直後のコンピュータ画面に表示されます
資格の有効期限 MCSAの場合は資格の有効期限はありません
全日制
日商簿記合格
Facebook
スタッフブログ
MOS試験申込み
受験案内
株式会社アンダンテ
宮田ビジネス学院
ハイパーちらし伝説下伊那 MCP受験案内 MTA受験案内 CPLS-ITPro 漢検CBT受験案内    下伊那の情報をチラシで

Valid HTML 4.01 Transitional 正当なCSSです!

  飯田ビジネス学院の概要
営業時間
平日 火曜日~金曜日
午前9時10分~午後9時
土  午前10時10分~午後5時
定休日 日、月曜日、祝日
予約は、午後7時までにお願いします

連絡先
〒395-0041
長野県飯田市中央通り3丁目19-2
TEL(0265)49-8892
FAX (0265)49-8892
業務内容
パソコン教室
簿記教室
職業訓練
就職支援
資格取得指導
講師派遣
ホームページ制作
講師人数
常勤3名、非常勤5名
席数
45席
お問い合わせ・資料請求はTEL(0265)85-2849  メールはこちらから ページトップへ
トップページ | 学院紹介 | 学習の進め方 | 受講生の声 | よくある質問 | スタッフ紹介 | アクセス
パソコンコース 資格取得コース 公共職業訓練コース
最近の開催コース
(宮田ビジネス学院の実績)
  • IT経理ビジネス実践
  • ITビジネス実践(デュアル)
  • ビジネススキル実践科
  • CAD・ITビジネス実践科
  • IT経理ビジネス科
  • H21(雇用・能力開発機構)
求職者支援訓練コース
サイトマップ  プライバシーポリシー  特定商取引法に基づく表記  特定商取引法にかかる契約書面  運営主体